令和3年度全日本選手権大会岩手県予選

在校生、卒業生ともに活躍!

【男子ダブルス】

優勝 野中大地(1年)・佐藤遼太(1年)

準優勝 小野寺秀斗(法政大学 OB)・福島成亜(朝日大学 OB)

3位 髙橋碧斗(3年)・三浦紘斗(3年) 大場隆也(2年)・兼平優斗(1年)

新人戦に引き続き頂点に立った野中・佐藤(遼)。佐藤はジュニアの部に続いて2種目での本選出場が決定。

【男子シングルス】

優勝 吉田俊暢(中央大学 OB)

2年連続での優勝を飾った吉田

【女子ダブルス】

優勝 千葉満月(専修大学 OG)・伊東明香(3年)

かつて同チームでインターハイに出場した先輩後輩ペアが2年ぶりに復活。本選出場を決めた。

今回は出場者数も多く8:00~20:00という超ハードスケジュールでした。選手、大会関係者の皆様、大変お疲れ様でした。次回の大会は11月20日に東京選手権の県予選に3年生が出場します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です