令和元年度東北高等学校選抜大会

男子 11年連続で全国選抜の舞台へ

1月31日から2月2日にかけて東北選抜大会が福島県郡山市にて行われました。

・予選リーグ

3-0 利府(宮城県)

3-0 安積(福島県)

3-1 東奥学園(青森県)

3-0 山形東(山形県)

3-1 秋田商業(秋田県)

・1位~3位決定戦

0-3 帝京安積(福島県)

0-3 鶴岡東(山形県)

最終結果 3位(11年連続16度目の全国選抜出場決定)

入江

中嶋

小野寺

栁沼

池田

屋敷

池田・福島

初日に行われた予選リーグ3試合全てダブルスで出場した池田と福島でしたが、ここでアクシデントが起きます…

なんと福島、発熱でダウン

(注意)画像は一切関係ありません

そこで出番がまわってきた小野寺と屋敷

秋田商業戦ではセットオールの末勝利を収めました。

しかしその後屋敷も体調不良でダウン。最終日は非常に厳しいチーム状況での試合でした。

試合内容を見てもとても満足できるものではありません。「生活や行動そのものを変えていかないと全国の舞台で勝っていくことは絶対に不可能だ。今のままでは即負けることが目に見えている。」順位決定戦敗退後のミーティングで野田監督から部員たちに厳しい言葉が投げかけられます。

全国選抜は3月25日から千葉県千葉市にて行われます。チーム一人一人はもちろんですが、特にも福島、屋敷の両選手に今回のリベンジを期待しましょう!

引き続き応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です