令和元年度全日本卓球選手権大会

1月13日から大阪市中央体育館にて全日本卓球選手権大会が行われ、2名の選手が参加してきました。

福島成亜(2年)

入江崇武(2年)

【ジュニア男子】

・1回戦

福島成亜 1-3 大島史也(愛工大名電高/愛知)

入江崇武 1-3 菅沼翔太(愛工大名電中/愛知)

また本校のOBたちも一般の部で出場しました。

吉田俊暢(29年度卒 中央大学)

小野寺翔平(30年度卒 中央大学)

本間新(28年度卒 立命館大学)

川合優大(28年度卒 東北学院大学)

【男子シングルス】

1回戦

吉田俊暢 2-3 阿南皓哉(立命館大/三重)

小野寺翔平 3-0 坂根翔大(関西大/兵庫)

2回戦

小野寺翔平 1-3 上江洲光志(東京アート/東京)

【男子ダブルス】

本間・川合 0-3 中ノ瀬(愛知工業大/長崎)・田中(愛知工業大/長崎)

応援ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です