令和元年度東北高等学校選手権大会

男子学校対抗、男子ダブルス準V

今年度の東北選手権大会は地元Zアリーナで開催されました。

選手宣誓をした千葉満月

【男子】

・学校対抗

一回戦 3-0 鶴岡工業(山形県)

準々決勝 3-2 秋田(秋田県)

準決勝 3-2 東奥学園(青森県)

決勝 0-3 鶴岡東(山形県)

結果 準優勝

秋田戦の様子

主将 伊藤丈一郎が秋田高校からの勝利を決めた瞬間

小野寺秀斗は東奥学園戦に5番手で出場し、プレッシャーがかかる中勝利をつかんだ

決勝戦の様子

池田陽翔

・ダブルス

準優勝 池田陽翔・福島成亜ペア

3位 福澤昇悟・入江崇武ペア

池田(左)・福島(右)

インターハイ出場は逃した二人だが、その悔しさを今大会にぶつけた(決勝 結果 2-3)

入江(左)・福澤(右)

優勝した鶴岡東高校の原井・佐藤ペアをあと一歩のところまで追いつめたが惜しくも敗退(準決勝 結果 2-3)

・シングルス

ベスト8 福澤昇悟

福澤

牛山陽介

中山賢

ダブルスで出場した阿部大貴

【女子】

・学校対抗

一回戦 2-3 五所川原商業

敗れはしたものの準優勝チームから2点を取り、意地を見せました。

学校対抗戦、シングルス準優勝の熊谷(五所川原商業)から大金星を上げた伊東明香

千葉満月

桑島佑奈

接戦を勝ち抜いた今大会の結果を見てもプレッシャーがかかるここ一番での技術、精神力は以前に比べれば大きく成長したと感じます。インターハイまでの残りおよそ1ケ月の間チーム全員で団結し、表彰台を狙いスパートをかけていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です